ジュエリー生まれ変り日記

ガチガチと切断を直すのだ

お送り頂きましたリング2本です。
「コイン計数機」に落としてしまいガチガチになってしまったものと、「リングカッター」にて切断したものだそうです。

ガチガチリングと切断リング

お問い合わせメールによりますと、「何軒かに持ち込んだが断られ続けてきた」とのこと。
なぜだろう…。
どうしてコレが直せないのだろう?? 
〇| ̄|_

取り合えず、新品仕上げと切断修理(共にサイズ直しあり)が完了。
左のティファニーリングですが、案の定メレダイヤが更に2ピース落ちてしまいました。
(このリング、以前「メレダイヤが取れる件」としてご紹介したものと同じですね。)

新品仕上げ・切断修理後の同リング2本

メレダイヤを合わせ、ロジウムメッキをかけて完成です。
今後ともますますご愛用下さい。

メレダイヤ合わせ・ロジウムメッキ後の同リング2本


コメント

  • 自分の修理依頼したものが掲載されてて驚きました。

    何で修理を断られ続けたのか・・・知りたい・・・。

    某店では「WGは無理。ブランド物もちょっと・・・。」と

    言われました。

    他の店では「WGは、どこに持って行っても修理不可能で断られるだけだよ。」とも言われました。

    思い返すと腹立だしいですが、断られ続けたおかげでユーマン

    さんに出会えたんで良しとします。

    ありがとうございました
    (^^)

  • Wさん、コメントありがとうございます。
    ブログの方も見ていてもらえて感激です。
    どうもありがとうございます。

    > 何で修理を断られ続けたのか・・・知りたい・・・。

    私も知りたい。
    「WGは無理」とか「どこに持って行っても修理不可能」とか—、本当に店の者がこう思っているのか、それとも、それほど利益になるわけではないのでこういう口実で断っているのか?
    その辺りは不明ですね。

    もし前者ならジュエリーショップとしては失格だし、後者なら最低だし、どちらにせよ同業の私としても腹立たしい限りであります。
    (そのお陰でうちがお仕事もらえるんだけど…。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive