ジュエリー生まれ変り日記

メッキ屋さんありがとうの巻

お二人のお客様です。
m(_ _)m

ディオールのリング、一体材質は何なんざましょ?(かなりお高いんですよね?)
さすがにこれは…、半ば修復は諦めていたのですが—。

極太のメンズリング。
鏡面とはほど遠い感じになってしまいました。

材質不明のリング 小傷だらけのリングの腕

さすがっ!! 当方おつき合いのメッキ屋さん。
心から頼み込んだところ見事生まれ変らせてくれました。
素晴らしい職人技ですね。

こういう場合先ず、下地処理のメッキがうまく乗るかがポイント(なんだそう)です。下地のメッキが成功すれば、その上にロジウムメッキをかけることに問題はありません。
ただ、このようにいつも上手くいくわけではありませんのでその点はご了解下さい。

メンズリングも見事鏡面を取り戻しました。
初代のデジカメがはっきり写っていますね。
このカメラにはお世話になったなぁ…。今は2台目が活躍中!! 関係ないな(笑)。
それでは、また。

ロジウムメッキ後の同リング 新品仕上げ・ロジウムメッキ後の同リング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive