ジュエリー生まれ変り日記

時計バンドカラーチェンジ

久しぶりにご依頼のあった、時計バンドのメッキ加工です。

お預かり品
K18製時計バンド

18金製のバンドです—。
表面はものに触れない限りずっと保たれると思いますが、裏面は、常に肌(手首)に触れるているわけですからメッキの薄れは早いと思います。
どれ位で薄れてくる(きた)か、もし再度のご依頼があればデータとして貴重ですね。

お客様、もしこのブログをご覧頂いていましたらその旨よろしくお願いいたします。
この度は本当にありがとうございました。

ロジウムメッキ後
ロジウムメッキ後の同時計バンド

撮影時の光の加減でむらがあるようにも見えますが、実際は綺麗に均一にメッキされております。
念の為。

◆各種メッキ加工(K18・ロジウム・ピンクゴールド)、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive