ジュエリー生まれ変り日記

メッキの表面

お預かりしました、ルイ・ヴィトンの南京錠です。
ピンクゴールドメッキにてのお納めです。

表面が少々ムラになっていますが、これはお預かりしたままの状態でメッキだけかけたためです。
(このヴィトンの南京錠は、材質上当方ではいじれません…。)

南京錠 ピンクゴールドメッキ

よく、メッキをかけるとお品物自体がピカピカになると勘違いなさっている方がいます。ピカピカになるのは、あくまでメッキ前の状態がピカピカ(鏡面)であるからですね。
「つや消し」にメッキをかけてもつや消しのままであることを考えればそれは自明です。

メッキ前に新品仕上げをお勧めしているのはこのためです。
寧ろ、価値があるのは新品仕上げで、(プラチナにロジウムの場合なら)メッキ省略でもいいくらい

「メッキだけかけて(仕上げは不要)」というご依頼も結構あるので書いてみました。
ではでは。


コメント

  • こんばんは♪
    届きましたよ~!!お願いしてましたリフォームの品々。
    本当にすばらしいです。
    すべてとっても気に入りました。(^^)/
    また詳しくはメールにて連絡しますね!

    メッキの事ですが、
    主人が結婚指輪の新品仕上げしていただいたのを見て、
    「おー!ロジウムメッキすごいなぁ、ピカピカ!!」
    と、言っていました。
    ・・・ので、このブログを読み上げてしまいましたよ。(笑)
    新品仕上げって本当に大事なんですね。

    今回の出来上がってきたのを見て、
    またお願いするのを考え中です。
    よろしくお願いしますね~~~!
    それでは。。。

  • T.Jさん
    リフォームの方、ご満足頂けたようで嬉しく思います。
    いつもどうもありがとうございます。

    結婚指輪の新品仕上げも気に入って頂けたようで。
    小傷など綺麗に落とした上でのメッキはやっぱり効果倍増なのであります。
    ご主人様にもよろしくお伝え下さいませ。

    こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いしますね。
    ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive