ジュエリー生まれ変り日記

プラチナ丸状リング加工

昔、「唯一無二の個性的なデザインをご注文して下さる」とご紹介したお客様—。
テクスチャーリング“の発案者でもあります。(どうもありがとうございます。)

そのエントリーのコメント欄で触れられていた真ん丸リング、近々ご紹介したいなどと書きながら、何と10年(!)も経過してしまいました。
光陰矢の如し…。

お預かり品
制作加工前の下金類

お送り頂きました、かなりの量の地金製品—。
・Pt850ネックレス—53.0g
・Pt900リング—34.8g
下金(したきん=材料)としてのお預かりです。

オーダーお納め品
Pt900丸状リング 手作り加工

Pt900丸状リング 手作り加工

いかがでしょう?
太さ5ミリアップ—、実物のボリューム感たるやものすごいものがあります。

よく、「内甲丸(うちこうまる)で指通り滑らか」という謳い文句がありますが、究極の内甲丸とは真ん丸(真円状)のリングのことであります。
普通そんなリングは市販では無いわけですが、そこがオーダー加工の素晴らしさ。

さすがに正確に真円とまではいきませんが、ほぼほぼ丸に近い、特注中の特注リングが出来上がりました!!

「ワックス原型⇒鋳造」ならいとも簡単に作れる指輪ですが、これが鍛造(たんぞう)での手作り加工という点—、職人技の素晴しさたるや、本当に価値ある一品だと自負しております。
今もご愛用頂けているでしょうか。
そうであれば本当に嬉しい…。

Pt900丸状リング 手作り加工

◆ジュエリーオーダー 参考
Pt900付目—30.2g
サイズ—#8.5
直径—5.5mm

Pt900付目—35.1g
サイズ—#17.5
直径—5.5mm

オーダー主のお二人様—。
その節は本当にありがとうございました。
(やっとご紹介することが出来ました。心より感謝申し上げます。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive