ジュエリー生まれ変り日記

印台仕上げ

以前当方にて彫らせて頂きました、「梵字彫り印台」の新品仕上げです。

お預かり時
傷だらけの梵字彫りの印面
傷だらけの三味印台の腕

きっとその後、ご愛用頂けていたのでしょう。
かなり年季が入った模様で、傷だらけです。
でもこれはとても嬉しいことですね。
気に入って頂き、ずっと付けてくれているという証ですから—。

お納め時
仕上げ後の同印面 仕上げ後の同三味印台

印面の、大きな深い凹みは少し残りましたが、それ以外は新品のように生まれ変りました。
(右画像、写り込みで何か汚く見えるけど…、完全鏡面故の弊害であります。)
これからも変らずご愛用下さいね。
どうもありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive