ジュエリー生まれ変り日記

Ptメンズダイヤモンドリング加工

メンズダイヤリング—、この度サイトにアップいたしました。
ぜひご覧になってみて下さい。

すさまじく豪華なダイヤモンドリングです。
職人さん渾身の、そして当店会心の一作!!
(実際全ての作が会心ですよ、念の為。)

Ptメンズダイヤモンドリング 本体完成

◆/sample/mens/diamond01.html


コメント

  • ユーマンさんお久しぶりです。
    堂々2ページにも及ぶ掲載ありがとう御座います。
    おかげさまで照りつける真夏の日差しの下でギラギラと輝いております。
    色々とデザインの上ではユーマンさんと共にやり取りをいたしましたが、こうして出来上がってみますとまさに無敵のリングとなりました。(笑!)
    私の場合最近は本当の意味のリフォームと言うよりは新規製作になりますが
    本当に自分の欲しいものを手に入れるために毎日こつこつとオークションや質屋を覗いては素材を集めて自分なりのデザインを決めてユーマンさんに製作していただいております。
    工程中にはユーマンさんより色々とプロのご意見をいただきながらって感じです。
    なんと言っても自分だけのオリジナルが出来ますし、裏抜き無しの無垢ですし市販同等品よりもかなり安く作れますからね!
    アッ、こんな事書いたらユーマンさんとこの店頭ジュエリー販売の妨げになってしまいますかねェ~
    お許しください。
    今後ともよろしくお願いいたしますね!

  • M.Kさん
    早速のコメントどうもありがとうございます。

    思えばMさんとのおつき合いももう3年近くになるのですね。
    奥様共々いつも本当にお世話になり、感謝の念でいっぱいであります。
    本当にありがとうございます。
    (メンズリングコーナーの充実はMさん抜きにはあり得なかったことです。
    また、ネットのジュエリーショップで、定期的にこれほどの数をリピートして頂けた例は多分ないだろうと思っています。)

    Mさんとメールであれこれ詰めながら一つの指輪を作り上げていく作業はとても楽しいものです。
    いつも、「よいデザインを思いつくなぁ」と感心しきりですよ。
    メレ留め含め、実際作る職人さんは本気で泣くデザインが多いですけどね(笑)。

    当ブログの記念すべき初コメント—、その中で仰って頂いた、「ただ製品として購入するのではなくその中に込められた職人の業も購入する喜び」という一文が私は大好きです。
    何より手作り加工が好きですし、手作りの職人さんたちを尊敬していますから、なおさら。
    当の職人さんに伝えたことがありますよ。「よいお客さんだね。大事にしなさいよ」とその人は言っておりました。
    その職人さんの言葉、私は守れているでしょうか?

    今回のダイヤモンドリング。
    私も出来上がってすぐ陽光の下で付けてみましたが、あまりの輝きに絶句、感動いたしました。
    1ピースだって十分輝くのがダイヤモンドなのに、それがあの数入っているんですものね。
    「無敵のリング」、仰るとおりだと思います。
    どうぞ末永くご愛用下さい。
    (しかし画像では今いち、あの輝きを完全に再現出来ないのが悔しいですね。)

    それでは。
    これからもたま~にはコメントして下さいね。
    どうぞよろしくお願いいたします。

  • 自レス、追記です。

    > ~手作りの職人さんたちを尊敬していますから、なおさら。

    勿論、修理やサイズ直しを依頼している職人さんも私は尊敬しております。
    とにかく、自分では何にも出来ないわけで、宝飾の職人さんであれば無条件に尊敬の対象ですね。
    この方たちがいなければ、我々町のジュエリーショップは何一つ仕事になりません。

    また逆に、全国にある我々のような小さなショップがなければ職人さんたちも仕事になりません。
    大手企業からの依頼を一手に引き受けているような工房なら別でしょうが、大部分の個人の職人さんは数多くの我々のような顧客を抱えているわけです。だからとても忙しい。(ホームページなんて持つ暇はありません。)

    近年、インターネットの発達により、職人氏自身がサイトを開設、直接エンドユーザーの仕事を引き受けるようなことも増えていますが、ではまだインターネットの無かった時代、その人たちはどこから仕事を得ていたのでしょう?
    それを考えれば自明ですよね。

    我々と職人さんたちはどちらか一方が欠けては成り立たない関係にあるといえます。
    というわけで、これからも尊敬の念を忘れず、共存共栄でお互い発展していきたいなぁと思う今日この頃であります。
    でもそもそも、皆様方エンドユーザーさんがいてくれてこその話なんですが…。
    ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive