ジュエリー生まれ変り日記

レーザー溶接(たまにです)

指輪からペンダントへのリフォームご依頼はとても多いのですね。

リングデザインによっては難しいものもございますので、画像添付にてお問い合わせ頂けると大変助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

ご相談頂いたホワイトゴールドのブルートパーズリングです。
お送り頂いてから判明したのですが…、トパーズが外せません。バチカンをロー付けする関係上、石が外せないとこの仕事は不可能になります。

お預かり品
K18/WGブルートパーズリング

当方では通常あまりやっていないのですが、今回は「レーザー溶接」で行うことに。

腕を切り離しますと、当然に上を横切るメレダイヤのデザイン部も分離してしまいます。
それでは芸がありません。
ご要望も元デザインが生きればということでしたので、写真のように仕上げました。

リフォーム後
レーザー溶接にてバチカンをロー付け K18/WGブルートパーズペンダント加工

心配だったのは、左右どちらかへの傾きです。下側が絞られてかなり狭くなっているので、ちゃんと安定してくれるかが不安でした。
実際つけてみて何度も確認した所、ちゃんと真っ直ぐで安定してくれたのでホッとしました。

レーザー溶接のペンダント加工


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive