ジュエリー生まれ変り日記

印台 印面への手彫り

K18三味印台、印面への字彫り加工のご依頼です。

お預かりした三味印台

彫り入れの前に、最低「印面」だけは仕上げておかなければなりません。
(せっかく彫るのですから。)

印面を新品仕上げ・ナシジ加工

小傷を落とし、そのあとナシジ(梨地)を打ち直します。
手彫りの部分は凹状になりますので、つや消しとのコントラストで彫りが輝くわけですね。
どんな文字が彫られるか、完成したらアップしたいと思います。
私も楽しみ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive